2010年01月08日

<石綿防護マスク>42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ(毎日新聞)

 震災などで倒壊した建物から飛散するアスベスト(石綿)に対する防護用マスクの備蓄状況を毎日新聞が全都道府県に尋ねたところ、42都道府県で防災用備蓄がゼロであることがわかった。95年の阪神大震災では、公費によるがれき撤去建物だけで11万1363棟に上ったが、石綿の危険性が今ほど知られておらず、不十分な防護措置で行われた作業に伴う汚染がその後問題化。08年2月には、震災時の解体作業に従事し石綿由来のがん・中皮腫を発症した兵庫県の男性が労災認定を受けている。【植松晃一】

 都道府県の防災担当者に先月、備蓄数や想定使用状況などのアンケートを送り、全都道府県から回答を得た。

 31都道府県が備蓄数ゼロと回答。備蓄数を回答した16県について個別に確認したところ、防災物資として備蓄しているのは神奈川(備蓄数3500)▽静岡(同1000)▽長野(同200)▽群馬・徳島(同各100)の5県だけだった。11県は2〜366個と回答したが、石綿使用建物などへの大気汚染防止法に基づく立ち入り検査など日常業務用としての備蓄で、防災物資として別枠で備蓄していなかった。

 5県とも備蓄は職員用だった。神奈川県は県外からの消防や警察、自衛隊などの使用、群馬県は倒壊建物の応急危険度判定業務従事者で民間の有資格者の使用も想定していた。

 熊本県は危険度判定用に今年度予算で100個備蓄予定だが、備蓄はまだだった。

 一方、「流通備蓄で対応」との回答もあった。しかし、石綿用マスクは高い密着性が求められる特殊なもので流通量は少ない。メーカーは「ホームセンターの在庫はせいぜい数個。大量納入には一定の納期が必要。災害時にすぐと言われても難しい」と説明する。

 阪神大震災の被災地兵庫県も備蓄数ゼロの回答で、担当者は「日常業務用で対応可能」と理由を説明した。

 震災時には多数の建物が倒壊するため、がれき撤去などの作業に膨大な量のマスクが必要で、防災用に備蓄していれば自治体間などで融通できる。

 しかし、その必要性がまだまだ理解されていないのが実情で、石綿関連疾患患者を支援している「中皮腫・じん肺・アスベストセンター」(東京都)などが、マスクを備蓄する基金を設立するなど、災害時の石綿被害防止の取り組みを始めている。

【関連ニュース】
アスベスト:日野自動車とヤマハ発動機 補修用部品に含有
ヤマハ:バイクブレーキに石綿 静岡労働局が回収指示
石綿健康被害:報知機の設置で肺がん…遺族が会社提訴へ
石綿被害:患者が中央環境審小委で意見「労災同等救済を」
港湾病

幻の木
DorothyJamesのブログ
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
クレジットカード現金化 還元率
posted by サカモト ヒデオ at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治とカネ「国会で徹底追及」谷垣自民総裁(読売新聞)

 社民党の重野幹事長は4日午前、党本部での仕事始めの会合であいさつし、鳩山首相と民主党の小沢幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題について、「報道で色々なことが言われている。通常国会は政局含みになる」と語り厳しい国会運営になるとの認識を示した。

 これに対し、自民党の谷垣総裁は4日昼、三重県伊勢市の伊勢神宮参拝後に記者会見し、「(首相らの問題は)内閣総辞職、衆院解散によって信を問うところまで求めていかなければならない」と述べ、通常国会で追及する考えを強調した。

 一方、公明党の山口代表は党本部での新春幹部会で鳩山政権の経済財政運営について、「2010年度予算案は公約違反のそしりを免れない」と批判。

 共産党の志位委員長は党本部での旗開きで米軍普天間飛行場移設問題について、「(政府は)動揺と迷走を繰り返し、決めないという方針を決定する矛盾の中にいる」と指摘した。

農場
My First JUGEM!
無料ホームページ
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化
posted by サカモト ヒデオ at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。