2010年01月25日

日航破綻 東北の翼行き先懸念 各県、利用促進頭悩ます(河北新報)

 日本航空は19日、会社更生法の適用を申請、企業再生支援機構の支援を受けて再生へと動きだした。法的整理によって抜本的な経営改革、巨額の債務処理を進めることになり、東北の行政や空港関係者は「路線廃止や便数削減の憂き目に遭うのではないか」と危ぶむ。乗客からは「安全運航に配慮してほしい」との声も上がり、巨大な翼の行方に視線が集まった。

 東北の日航全21路線の搭乗率(昨年11月分)をみると、15路線が採算ラインの6割を下回っている=表参照。山形―名古屋は32.6%と最も低迷。日航グループのみで国内線を運航している三沢、花巻の2空港は全路線で採算割れ状態だ。

 青森県は、12月に東北新幹線新青森駅の開業を控え、搭乗率低下が懸念される。小林巧一県企画政策部次長は「どちらも大事な県民の足だ。利用促進に努め、行きは航空機、帰りは新幹線を利用する『立体交通』を推進したい」と話す。

 山形県は、山形―羽田が午後の1往復のみで、秋の羽田空港の発着枠拡大に合わせて小型機導入による複数便化の構想を描く。吉村美栄子知事は「山形発着の国内4路線は県の活性化にとって非常に大切。経営再建の動向を見守りながら利用拡大に努めたい」とコメントした。

 5月から花巻―中部線が運休する岩手県。達増拓也知事は20日、小型機で名古屋圏とのネットワークを維持できるよう、前原誠司国土交通相に要望する。
 日航にとって節目となった19日、仙台空港の便は通常通り運航された。搭乗カウンターでの混乱などはなかったが、日航の男性職員は「会社の指示で話はできない」とぴりぴりした様子。

 月に10回ほど日航を利用するという奈良県桜井市の男性会社員(60)は「路線削減、ダイヤの見直しはどうなるんだろう。コストカットで安全面も心配だ」と話した。多賀城市の男性会社員(46)は「運航路線の維持は利用者との約束。守ると信じている」と注文を付けた。


小沢氏続投、判断避ける=仙谷国家戦略相(時事通信)
小沢氏聴取へ 地検、矛盾突く構え 4億円原資 激しい応酬予想(産経新聞)
<漁船沈没>引き揚げ調査始まる 長崎・五島列島沖(毎日新聞)
「民主議員は不当逮捕にもっと怒りを」達増・岩手知事が検察批判(産経新聞)
外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」(時事通信)
posted by サカモト ヒデオ at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急発進、5年で最多=4〜12月、ロシア機が6割超−防衛省(時事通信)

 領空侵犯の可能性がある国籍不明機に対する航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)が昨年4〜12月は213回に上り、過去5年間で最多だったことが21日、防衛省統合幕僚監部のまとめで分かった。領空侵犯機はなかった。
 国・地域別の内訳はロシア機が66%で最も多く、中国11%、台湾8%、北朝鮮4%など。ロシア機は昨年10月16日、対馬海峡上空を通過したのが7年ぶりに確認されるなど日本海や沖縄方面への長距離飛行が複数回、確認されたという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北朝鮮が韓国侵攻訓練〜
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
核不拡散強化を協議=アジア17カ国で国際会議

市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)
“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇(産経新聞)
神奈川県の不正経理14億円、5年間で(読売新聞)
「信じて、支えていく」石川議員の後援会長(読売新聞)
posted by サカモト ヒデオ at 04:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。