2010年04月05日

憲法改正「議論必要なし」 枝野行政刷新担当相(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は1日の記者会見で、憲法改正について、「憲法が障害になっているために(物事が)前に進まない段階で初めてやればよい。現時点で公式の議論をする必要はない」と述べた。枝野氏は野党時代の民主党憲法調査会長を務め、鳩山政権では法令解釈を担当している。

【関連記事】
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
枝野氏「自由に議論を」 郵政法案めぐる対立で
小沢氏の矛先は“便乗閣僚”に?
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月
首相「早急に協議必要」 辞職拒否の小林議員 閣僚から党執行部への批判も…
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

日本一!338メートル 「スカイツリー」東京タワー抜く(産経新聞)
「建築界のノーベル賞」に妹島・西沢氏(読売新聞)
絶滅危惧種のチョウ、標本がネット競売に(読売新聞)
バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に−大阪府警(時事通信)
ネットカフェで節約…地方学生、苦肉の就活拠点(読売新聞)
posted by サカモト ヒデオ at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。