2010年04月27日

初の省庁会合、議論が平行線にも―障がい者制度改革会議(医療介護CBニュース)

 内閣府は4月26日、「障がい者制度改革推進会議」の第9回会合を開き、関係省庁からのヒアリングを初めて実施した。会合後の記者会見で、福島瑞穂内閣府特命担当相と同会議の藤井克徳議長代理は、「議論が深まったところと平行線をたどったところがあった」と総評した。

 会合には、法務、文部科学、総務3省の政務官と課長クラスなどが出席。司法手続き上の障害者の位置付け、障害児の教育制度、障害者の政治参加などについて、同会議の質問に対し各省が回答した。

 障がい者制度改革推進会議室の東俊裕室長は会見で、「法務省の中村哲治政務官は『現場の声を聞かせてもらいたい』としていたが、これまでにも再三言ってきているので、『何を今さら』という印象」と法務省の姿勢を批判。文科省についても、「障害児の教育については、かなり議論が平行線をたどった」と述べた。ただ、「今後の姿勢に期待できる面もあったため、前向きに受け止めたい」とした。

 一方、総務省は、階猛政務官が選挙公報で障害者が得られる情報を重視する姿勢を示し、NHKに夏の参院選から手話や字幕付きの政見放送を実施するよう求めるなどと明言したため、東室長は「政治としての方向性が明らかになった」と総務省の姿勢を評価した。

 次回会合は5月10日に開かれ、厚生労働、総務、国土交通3省からヒアリングを実施する。


【関連記事】
「首相中心」に不安、「検討」ばかり…―厚労省と自立支援法訴訟団が初の定期協議
「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望
障がい者の公的支援サービス再開率6割―厚労省
27日に総合福祉部会の初会合―障がい者制度改革推進会議
医療体制の在り方など議論―障がい者制度改革推進会議

別の強姦2件でも追起訴…時効直前起訴の被告(読売新聞)
【中医協】11項目の改定結果検証項目案を大筋了承−総会(医療介護CBニュース)
<雑記帳>保存食「鮨鮒」 140年ぶりに復活 長野(毎日新聞)
金づちで女性殴りポーチ奪う 男を逮捕 東京・田町(産経新聞)
三菱自、パロマ… 増える企業トップの刑事訴追 JR西強制起訴(産経新聞)
posted by サカモト ヒデオ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。